山雅ろぐ

主に松本山雅ネタを。サッカー関連の本を読んだ感想や他の試合を観た感想なども時々

J2第17節 松本山雅FC vs 東京ヴェルディ 〜表と裏の表情を見せた前後半〜

松本山雅FCのJ2第17節は東京ヴェルディをホーム「アルウィン」に迎えての一戦でした。
混戦模様の今季のJ2リーグ。
前節はツエーゲン金沢相手に4-0と勝利した山雅は上位チームのヴェルディに勝利して上昇の流れに乗りたいところでした。

しかし、今節の試合内容は前半と後半で全く違う試合展開となりました。

前半

試合序盤は両者主導権を握るべく、中盤での激しいプレスの応戦でした。
前線から中盤にかけてのボールの奪い合いはとても見応えがありました。

前線から連携した守備を見せていた山雅が次第に試合のペースを握ります。
前線・中盤からボールを奪っての早い攻撃で何度もチャンスを作り出す。
ゴールを奪うところまではいきませんでしたが、決定的なチャンスまで持っていく形が随所に見えました。

前半は相手に決定機をつくらせないまま、終了まで山雅優勢で、0-0で終了。
できれば得点してもらいたかったですが、良い試合運びができていたと思います。
前半は「表」の顔をみせてくれました♪

後半

後半開始早々、試合が動きます。
立ち上がり早々、前半の勢いそのままに山雅が攻め込む。
岩間雄大選手のミドルシュートは惜しくも相手キーパーに阻まれるものの、コーナーキックを獲得。

獲得したコーナーキックで宮阪政樹のキックを安川有選手がヘッドで合わせてゴール!先制!!
安川選手、山雅初ゴールおめでとう!!!

1-0と山雅が試合を優位にします。
が、ここから山雅の「裏」の顔が見え始めました。

得点直後から、山雅が「守り」の意識が出始めたのか、ヴェルディが優位に攻め込む展開となります。
後半中盤以降は山雅は攻め込むことなく、防戦一方の展開となってしまう。
いつヴェルディに得点されてもおかしくない試合展開でした。
しかし、山雅も最後のところでしっかりと守り、ヴェルディに得点を許さない。

このまま「逃げ切ってくれ」と思いながら試合展開を見つめていましたが、そんな甘くないのがサッカー。
後半80分過ぎにヴェルディに得点を許し、同点とされてしまう…

同点とされた後は山雅もパワープレーに出て、再度逆転を狙うものの得点は奪えず、同点のまま試合終了。

前半の内容が良かっただけに、勝点3が欲しかった試合だっただけに残念な内容でした。

所感

前半は山雅の良さがすごく出た、内容の良い試合運びができていました。
得点こそ生まれなかったものの、得点がうまれそうなチャンスは何度もつくれていました。
あとは決めるだけ。この試合運びが試合終了まで続けることができれば、山雅上昇は可能だと思います。

しかし、「裏」の顔を見せた後半が課題ですね。
相手が割り切って、中盤を飛ばして前線へのロングボールで攻めてくる相手に対して、うまく対応できていないのが今年の山雅。
この対応をしっかりできるようにならないと勝点3を獲得する試合は少なくなってくると思います。

特にゴールデンウィークあたりから状態が変わっていないため、前半折り返すまでにはどうにかこの流れを変えるきっかけが欲しいですね。

次節以降は水戸ホーリーホック、ザスパ草津群馬、ファジアーノ岡山と試合が続くので、中盤飛ばして前線へロングボールを蹴りこまれる試合展開が多くなると思います。
この3戦の中でなんとか山雅側が良い対応できる姿をみたい。
そして後半の上昇へとつなげてもらいたいと思います。

おわりに

良いゲームができても、次のゲームへ続けられない、なんとも歯がゆい試合が続いてしまっていますね。
でも選手たちは最後まで必死に戦ってくれています。
もちろん反町監督はじめチームスタッフもクラブも。

いまこそ共に戦いましょう!俺たちの松本山雅のために!!♪

この記事が面白かった際は↓のボタンをポチッと押していただければ幸いです。励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ 松本山雅FCへ