山雅ろぐ

主に松本山雅ネタを。サッカー関連の本を読んだ感想や他の試合を観た感想なども時々

人事を尽くして天命を待ったが、残念な結末

先制点が勝負を分けた一戦でした。
山雅を応援する身としてはとても残念な結末。

ソリさんの敗戦の弁に、この一言がありました。
「今シーズンを象徴するようなゲームだった」
この一言に尽きます。
これ以上ない、ゲームを統括する一言でした。

試合内容

試合開始から、山雅は、ほぼゲームプラン通りに試合を進めていたと思います。
前線から中盤でプレスをかけボールを奪い、守から攻へ素早く切り替えチャンスをつくる。
相手にボールを奪われても、攻から守へ素早く切り替え奪いかえす。

あとは何度かあった決定的チャンスをものにするだけでした。

しかし、ものにできなかった。

そして水戸のセットプレーから失点。先制点を許す。

先制点を奪った水戸は1点を守り抜くよう、引いて守備を固める。

守備を固めている相手から得点を奪う力は、現状のチーム状況・選手の力では力不足でした。
山雅には一人で状況を打開できるスーパースターはいません。

個の力で打開するようなサッカーはできません。
チームとして打開するようなサッカーをするしか勝つ術はありません。

失点後もチームとして得点を狙う姿は見れましたが、試合をひっくり返すようなパワーは残っていませんでしたね。

「内容は良かった」と思いますが、結果が全て。
勝点3を獲得した水戸のほうが、今日は良かった。

じゃあどうするか

今日のような試合を続けていくしかないと思います。
一戦一戦、先のことは考えず、目の前の一戦に全力を尽くす。

先制点を奪う試合を1試合でも多くつくる。
これしかないと思います。

戦い方を変えるという選択肢もあると思いますが、個人的には、今やろうとしているサッカーを続けていってもらいたいと思います。

何か、チーム状態が上向くキッカケがあれば言うことなしですが、そんなにうまくいくことは、そうそうないと思います。

でも、目の前の一戦一戦に、チーム一丸となって全力を尽くせば、結果はついてくるはずです。

「チーム」としてみれば山雅は強いチームです。

結果がついてこない、歯がゆい試合が続いていますが、チームの方向性・選手個々のベクトルの向き先がブレないことを願います。

いまこそ、One Soul。
自分もブレずに応援していきたいと思います。

この記事が面白かった際は↓のボタンをポチッと押していただければ幸いです。励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ 松本山雅FCへ